Linux 起動コマンドファイルの場所

Linuxでは多くのコマンドが下記のディレクトリに収納されています。ディレクトリ内を確認すれば、起動( start )、停止( stop )、再起動( restart )が可能です。

/etc/rc.d/init.d/

コマンドの有無の調べ方は以下の通りです。

1.ディレクトリの移動

cd /etc/rc.d/init.d/

2.ファイルのリスト表示
ls -a

 

【例】
▼sendmail起動

/etc/rc.d/init.d/sendmail start

実際は、/etc/init.d/sendmail と入力すれば、/etc/rc.d/init.d/のディレクトリに対してシンボリックリンクが張られており、パスが通ります。つまり、

/ect/init.d/sendmail start

とすれば、OKです。

よく使われているサービスを列記します。サービス名の後に start | stop | restart を入力すれば操作可能です。

■cron
/ect/init.d/crond

■dovecot
/ect/init.d/dovecot

■http
/ect/init.d/httpd

■postfix
/ect/init.d/postfix

■proftp
/ect/init.d/proftpd

■snmp
/ect/init.d/snmpd

■ssh
/ect/init.d/sshd

■syslog
/ect/init.d/syslog

■iptables
/ect/init.d/iptables

■mysql
/ect/init.d/mysqld

■named (bind)
/ect/init.d/named

 

Comments are closed.